アナフィラキシーショックに備える

食物によるアレルギー反応で、引き起こされるカラダの異常には
様々な症状があるのですが、一番怖い症状といえば、
アナフィラキシーショックといわれる、ショック症状です。

この症状はめったに起こるものではありませんが、
起こらない可能性が無いとはいえません。
万一の時に、すぐに対応できるように、
心の準備と正しい知識を身につけておきましょう。

はじめに、アナフィラキシーショックとは、
急性の激しいアレルギー反応のことです。
まれに、運動後に症状が出るタイプもあります。
じんましん、顔面蒼白、血圧低下、呼吸困難、嘔吐などの
激しい症状に襲われます。
ショック症状に陥って、命を落とすこともあります。

解りやすく言うならば、
スズメバチに刺されショック死するという
いたたまれない事故をニュースで見たことはないでしょうか。
これこそ、蜂毒に対するアナフィラキシーショックです。

対処法としては、とにかくスグに救急車を呼ぶこと。
日常生活では、アレルゲンと接触しないようにすることです。
保育園など人に預ける時は、アレルゲンのメモ書きと、
緊急連絡先や主治医は必ず告げるようにしておきましょう。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008