乳幼児に食物アレルギーが多い理由

なぜ子供、特に小さな乳幼児に
食物アレルギーの症状が出やすいのでしょうか。

これは、食物を分解する腸管や消化機能が
まだ未熟であるために、体が吸収できるよいカタチに
上手に分解できないことがあるからです。

なんと、これだけで、カラダは「異物が来た!」と
判断してしまうのです。

ただ、吸収できないカタチなだけ…。(>_<)
本当は体にとって悪いものでないはずなのに、
異物であると判断した体は、攻撃を加えてしまいます。

この攻撃を加える時に、体内では色々な化学物質が作られます。
これが、かゆみや炎症と言うカタチで現れ、
いわゆるアレルギー症状が起こるしくみです。

とってもカンタンに説明しましたが、風邪の時でも同じですよね。
熱や咳、鼻汁を出して、細菌やウィルスを追い出そうとします。
アレルギー反応もこれと同じイメージで捉えてください。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008