抗原抗体反応と予防接種

抗体抗原反応というカラダに備えられた免疫システムを理解すると、
予防接種のしくみが、より納得できるようになります。

予防接種で注射器に入っているものは、
ズバリ!!その病原体そのもの。

ただし、毒性は随分弱くしてありますから、
怖くないのですよ。(^^)

目的は、カラダにその病原体を故意に入れることによって、
マクロファージからT細胞、B細胞へ情報を伝え、
武器をあらかじめ作らせておくのです。

一度作った武器は、スグに作れるB細胞。
今度、本物の病原体が侵入してきてもスグに攻撃が出来ます。

予防接種をすることで、その病気にかかっても軽く済むのですが、
それは、カラダの中の免疫システムのおかげ、
日々せっせと警備を怠らず、パトロールにいそしむ
彼らが支えてくれているからなのです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008