勘違いでアレルゲンが作られる

正しく免疫システムが働いてくれていれば、
体はとても調子がよく、ちょっとした病気にも
対応できる素晴らしいシステムを備えていることが解りました。

しかし、それでも、アレルギー反応は
実際に起こってしまいますよね。(-_-;;

それはなぜかと言うと、免疫システムの情報伝達が完璧すぎて、
例えば、免疫システムの歯車がひとつ狂ってしまうと、
全てが崩れてしまうという、大きな欠点があるからです。

具体的に言うと、そう、最初に抗原に立ち向かうマクロファージ。
このマクロファージからの情報に、
万一間違いや勘違いがあったとしたら…?!
その後の細胞たちの動きが全て狂ってしまいますよね。

これが、アレルギー反応の一番の原因です。

消化器が未熟で分解が上手くいかなかった食品や、
花粉、ダニ、ハウスダスト、これらは異物ではありますが、
細菌やウィルスほど悪さはしません。
マクロファージが素直に食べてくれれば問題ないのですが、
細菌やウィルスとよく似た風貌(たんぱく質の分子構造)であった場合、
異物と判断して、Th2細胞に助けを求めてしまうことがあります。

しっかりしてよ…、マクロファージ…!(-"-;)

ここで間違って異物と判断されて、
アレルギー反応の原因となる物質になってしまったものを
「アレルゲン」といいます。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008