アレルゲンの侵入でマスト細胞が大暴れ

ここまできたら、アレルギー反応が起こる準備が整いました。
後は、アレルゲンが体内に入ってきたタイミングで、
アレルギー反応が起こります。

再び、アレルゲンが体内に入ると、
IgEと感作したマスト細胞にくっつきます。
カラダの表面に近いところにいるのですから、
どうしても引っかかりますよね。

するとアレルゲンは、マスト細胞の表面にくっついている
IgE抗体同士を、わざわざ繋げて回るのです。

これを「架橋(かきょう)」といい、
これによってマスト細胞は刺激され、暴れ始めます。

マスト細胞が暴れ出したら、もう止まりません。(>_<)

マスト細胞の中にある化学物質が放出され、
さらには別の化学物質を作り出し、
これもマスト細胞からどんどん放出されます。
さらには、お祭り好きの好酸球が、
大暴れしているマスト細胞に便乗し、化学物質を出します。

これらの細胞が出す化学物質こそ、
アレルギー症状の原因なのです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008