抗体の特徴をおさえよう

アトピー性皮膚炎などを引き起こしている抗体は
IgE抗体でしたよね。

この他にも、IgG、IgMなど、
今まで色々な抗体の名前が出てきましたね。

抗体には特徴があり、それによって
大きく5つ種類にわけることができます。

これらの抗体は、アレルギー検査をする時に、
血液検査で測定して、数値として見ることができます。
それぞれがどのような役目を持っているのか知っておくと、
血液検査の結果を、ある程度自分で分析し、
見ることができるようになりますよ。

IgE:
 寄生虫駆除を担当する抗体、強い力を持っています。
 アレルギーを引き起こす原因となります。
IgM:
 抗原の侵入に対して、一番最初に作られる抗体。
 新生児に特に多く見られます。
IgG:
 2番目に作られる抗体です。
 胎盤を通り抜けることができることから、
 赤ちゃんが母体から受け継ぐ免疫はコレです。
IgA:
 他の抗体があまりいない場所に存在しています。
 穏やかに抗原を退治します。
IgD:
 どのような働きをするかは未解明です。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008