食物アレルギーが起こる3つの要因

食物アレルギーは、体にとって異物でないはずの
食べ物などが、間違って異物と認識されて、
免疫システムが誤動作することによって発症します。

この食物アレルギーが乳幼児期に多いのは、なぜでしょうか。

体の中では、食べ物のたんぱく質は
アミノ酸に分解されて腸管に吸収されて栄養となるのですが、
3歳ぐらいまでの子供の消化器官は十分に発達していないため、
上手に分解できないたんぱく質もあります。

分解できなかったたんぱく質は、そのまま腸管へいくのですが、
吸収できない形であるので、異物と判断されて
アレルゲンとして攻撃をしてしまいます。

4歳を過ぎたことから、食物アレルギーが少しづつ改善されるのは
腸管や消化器官の機能が、大人のような正確な動きが
できるようになるからでなのですね。

また、乳幼児期は色々なものをはじめて食べる、触れる機会が
最も多くい時期であるので、発症する確立も非常に高くなるのです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008