なぜアレルギー患者は増えるのか

アレルギー反応という症状は、昔からあるものなのですが、
アレルギーという言葉がこんなにも使われるようになったのは
ここ近年で、当たり前に使われるようになっています。

本格的に注目されるようになったのは、20世紀に入ってから、
ここ、20〜30年で患者数は激増し、
さらに、国民の3〜4割はなんらかのアレルギー持ちであるという
にわかに信じがたい調査結果もあります。

そういえば、花粉症の人いるいる…!
そんなひとは増える一方で、減らないですよね。

原因としては、生活環境や食生活の変化が挙げられるでしょう。

インスタントやレトルト食品、添加物が多い食品を好んで食べます。
母乳はミルクに、離乳食も急ぐようになりました。
家の構造や材質も昔ながらではありません。
環境破壊で空気も変わってきています。
身も心も、いつも疲れている人が増えています。

色々な要因によって、
アレルゲンが大量に発生してしまったであろうこと、
体の免疫が落ちたことなど、
きりがないほど、心当たりはたくさんありますよね。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008