もしかして私、花粉症?

花粉症はアレルギー症状のひとつ

ここ最近では、アレルギーといえば、
食物アレルギーよりも花粉症が身近になってきていませんか?

こんなに花粉症の人なんていなかったのに…(^^;;

ちょっと前までは「春」といえば「桜と花見」でしたが、
最近では、「スギと花粉」ですものね。

こんなことを言っている私も、笑い事でないのですけど。(^^;;

花粉症は、立派なアレルギー反応のひとつです。
正式には「季節性アレルギー性鼻炎」といいます。
アレルゲンとなる花粉が飛ぶ季節だけに発症するのが特徴です。

じゃぁ、季節性ってコトは、
逆に1年中(通年性)アレルギー性鼻炎もあるってこと?

ありますあります。このタイプは、
アレルゲンがダニやペットの毛、フケなど
一年を通じて身近にあるものが原因なのです。

花粉症がおこるメカニズム

アレルギー性鼻炎は、アトピー性皮膚炎や気管支喘息と同じで、
アレルギーの形は?T型、即時性でIgE抗体が原因となっています。

花粉症が発症するメカニズムは、マクロファージの勘違いから。

マクロファージが花粉を異物と判断する。
 ↓
Th2細胞が間違った設計図を書く。(Th1細胞は阻止できず…)
 ↓
間違った設計図を元にB細胞が武器(IgE抗体)を大量に作る。
 ↓
攻撃しても効かないので武器が大量に余る。
 ↓
マスト細胞が武器をとりあえず回収する。
 ↓
侵入したアレルゲンが、武器を抱えたマスト細胞を刺激する。
 ↓
マスト細胞が暴れ出し、化学物質を放出する。
 ↓
化学物質により、炎症や咳などのアレルギー症状が出る。

カンタンに書いてしまうとこんなメカニズムになります。
体の中ではこんなことが起きていて、
鼻づまりに鼻水、クシャミに悩まさせる症状が出てしまうのです。

こんなカンタンにまとめちゃって良いのかな…?(^^;;

でも、解りやすいですよね。(^^)

これって花粉症?それとも風邪?

春先に風邪をひくことってよくありますよね。
季節の変わり目って、風邪を引きやすいですからね。
そして、花粉症の症状が出るのも春先です。

花粉症と風邪の症状は良く似ているので、
風邪だと思っていた、ということはよくあることです。

花粉症か風邪かを見極めるには、
風邪の症状が治るかかどうかがポイントです。

風邪なら1〜2週間で熱やクシャミ、咳は収まるはず。
鼻水も、風邪の時は風邪の進行に合わせて
鼻水の色や水っぽさが変わるのですが、
花粉症だと、常に水っぽい鼻がダラダラとめどなく出てきます…。
鼻づまりもとにかくヒドイ…!!

こんな症状がいつまでも続くようなら、花粉症の疑いアリ…!!

でも怪しいと思っていても、
花粉症だと認めたくなかったりね…。(*^^*)

私なんか、2年ぐらい「私は違う!」って意地張ってましたけど
春が来ると思うと、なんだか憂鬱になるし…(-_-;;
ついに認めざるをえない症状に耐えられなくなって、
耳鼻科に飛び込みました。やっぱり花粉症のようで…。(=_=;;

でも、認めてしまえば、
花粉がひどくなる前に対処療法ができるんですね。v(^^)
今ではシーズン前から、初期療法の薬を飲んでいますよ。

たくさん飛んだ日には悪化する

花粉症のキホン知識として、
アレルゲンとなる花粉が多い日は、花粉症の症状がひどくなります。

非常にわかりやすい、
当たり前といえば当たり前なんですけども。(^^;;

でも、花粉症を上手く付き合っていこうとすると、
このキホンは外せません。
花粉の多い日に無防備で外に出たらどうなるのか、
そんなことは解りきっているからです。

花粉症上級者になればばるほど、花粉の飛散量を参考にします。
春先の過ごし方も慎重になります。
外出はどうするか、防御するためにどうしたらいいか、
少しでも症状をひどくしないために試行錯誤し、考えることが、
花粉症の辛い季節を上手に過ごすコツと言えるでしょう。

花粉はスギとヒノキだけじゃない!

花粉症のアレルゲンとなる花粉は、
日本では、春先に花粉を飛ばすスギやヒノキがポピュラーですが、
他にもたくさん種類があります。

例えば、イネとか、イチョウとか、ケヤキや、ヨモギ…
どこにでもある木や草ばかりですよね〜。

もちろん植物ごとに花粉が飛ぶ季節は違います。

アメリカで花粉症といえば、ブタクサだそうで。
これは夏(8〜10月)に花粉を飛ばすものだそうです。

北海道や沖縄ではスギの花粉症は、ほとんどないとか。
これは、スギの木があまりないからと耳にしたことがあります。
逆に、北海道では白樺の花粉症があるらしいです。

このように、花粉症にも地域性とか、個人の体質によって
どの花粉がアレルゲンとなるか全く違うことがよく解ります。
日本の、それも本州に住んでいると、
花粉で注目されるのは春先ばかりなのですが、
1年を通じて、花粉アレルギーがあることも覚えておきたいですね。

症状を軽くするための治療とは

一度花粉症にかかってしまったら、
残念ながら、完全に治すことはなかなか難しいのです。

今後、画期的な治療薬が開発される可能性も無きにしも非ずですが、
それをただ待つより、今は上手に付き合って、
症状をできるだけ軽くする方向に考えを転換したほうが、
もっともっと楽に過ごせることでしょう。

花粉症は、症状を抑えることが可能です。
初期療法が効果的なのですが、
症状が強くなってからでも、対処することができます。

<初期療法>
 花粉飛散前から、症状を抑える薬(抗アレルギー薬)を服用する。
 発症する時期を遅れさせ、症状を軽くする。

<導入療法>
 症状が強くなった場合の治療で、症状を和らげる。
 頓服薬や目薬など強力な抗アレルギー薬を使用する。

<維持療法>
 薬で症状が抑えられた状態を保つ治療。
 花粉が収まっても飲み続けることが大切。

薬局でも色々な種類の薬が売っていますが、
どの時期のどの症状に何が効くのかは、素人には解りにくいもの。
一度、耳鼻科にかかって見てもらいましょう。
専門医の指示に従った上で、
薬を処方してもらうことをオススメします。

花粉から身を守るポイント

花粉は肉眼で見えるものではないのですが、
ものすごい量が宙に舞っています。
ちょっと油断していると花粉まみれになってしまいますよね。

だからって、花粉の時期にひきこもっていられるワケもない…!!
学校や仕事や家のこと、外に出なくてはいけません。

そうならないために、花粉から身を守るためのポイントチェック!
できるだけ花粉を寄せ付けないように
できることから実行して、快適に過ごしましょうね。

・花粉情報をチェックする。
・外出は極力控える。出かけるなら完全防備で。
・帰ったら、手洗いとうがいをする。
・ドアや窓はこまめに閉める。
・空気清浄機を使用する。(フィルターをマメに掃除)
・着ている服、洗濯、布団は外ではたく。外から花粉を入れない。
・花粉症の人の洗濯物は内干しで。
・毛糸素材は花粉をつけやすいので、ツルツル系がオススメ。
・掃除はマメに行う。

ポイントは「どれだけ花粉を寄せつけないか」ですよ。(^^)

edit

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008