花粉症がおこるメカニズム

アレルギー性鼻炎は、アトピー性皮膚炎や気管支喘息と同じで、
アレルギーの形は?T型、即時性でIgE抗体が原因となっています。

花粉症が発症するメカニズムは、マクロファージの勘違いから。

マクロファージが花粉を異物と判断する。
 ↓
Th2細胞が間違った設計図を書く。(Th1細胞は阻止できず…)
 ↓
間違った設計図を元にB細胞が武器(IgE抗体)を大量に作る。
 ↓
攻撃しても効かないので武器が大量に余る。
 ↓
マスト細胞が武器をとりあえず回収する。
 ↓
侵入したアレルゲンが、武器を抱えたマスト細胞を刺激する。
 ↓
マスト細胞が暴れ出し、化学物質を放出する。
 ↓
化学物質により、炎症や咳などのアレルギー症状が出る。

カンタンに書いてしまうとこんなメカニズムになります。
体の中ではこんなことが起きていて、
鼻づまりに鼻水、クシャミに悩まさせる症状が出てしまうのです。

こんなカンタンにまとめちゃって良いのかな…?(^^;;

でも、解りやすいですよね。(^^)

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008