ただの風邪?それともアレルギー?

ズバリ!食物アレルギーかどうか、疑ってみるポイントは

「食べた後に、いつもおかしいような気がする…??」

子供を見ていて、こんなキモチを感じたならば、
それは、勘違いで無いかもしれませんよ。

特に赤ちゃん、乳幼児の場合、色々なモノが体に出来たり、
明らかにおかしいなと思う症状が出ることは日常茶飯事です。
熱を出したり、おなかを壊したり、下痢をしたり、
ブツブツができたりと、数えることが難しいほど。

特に一人目のお子さんを育てる時は、
パパもママも病気の見当がつけられないので、
本当に、慌ててしまいますよね。

そこにおじいちゃん、おばあちゃんが加わると、
さらに大事になったりして…。(^^;;

笑い事じゃないって…ですです。(^^;;

赤ちゃんは、初めて外界に触れたわけですから、
まだ免疫システムが発展途上中で、病気にかやすくて当然です。
熱を出したりすることが多いのも仕方ないことなのです。

しかし、そういった誰もが通って免疫を得ていく病気と、
アレルギーの症状は似ているところがあって、
一過性の病気なのか、アレルギーなのか判断がしにくい…。

そこで、毎日子供と一番接している人、
例えばお母さんなどが、しっかりと様子を観察してあげることが、
アレルギーを初期に発見する手がかりになります。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008