医師に伝えることをまとめておこう

乳幼児のかかる小児科や、アレルギー科はとても混雑しています。

花粉アレルギーの時もひどく混雑しますよね。
日本人がいちばん多くかかるスギ・ヒノキ花粉の時期には、
数時間待つような耳鼻科だってあります。

携帯ゲームの充電が切れちゃう程待ったりね…(^^;;

その上、アレルギーの疑いがある診察は
いわゆる3分診察だけでは、突き止めることはできません。
症状や経過、生活習慣、食事など、あらゆることの細かな問診や
時には検査、時には栄養指導、薬の使用方法の説明、相談などで、
どうしても時間がかかるものなのです。

ですから、やっと自分の番が回ってきた時には、イライラ!
その上、とにかく心配なキモチが先走り、
治療の参考になるような話が上手くできないこともあります。

それを避けるためにも、
先生に聞きたい事、気になっていること、症状など、
何を話して、何を質問しなくてはいけないのか、
ノートなどにまとめておくことをお勧めします。

待ち時間を使って、ゆっくり考えてまとめておきましょう。
箇条書きにしておくと、見やすく、使いやすいです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008