日ごろから症状をよく観察しておこう

なんだか食事の後におかしい気がする。

そんな気がするときは、
何を食べたのか日記をつけてみてください。
もちろん、口にしたもの、全てです。
おやつやジュースも、もちろん記入しましょう。

そして、おかしいと異常がでたタイミングも記入してください。

風邪気味だとか、下痢気味だとかの日々の体調や、
起床、睡眠時間、外遊びの時間などの生活の様子も
合わせて記入すると、なおベターです。

ちょっとした変化を見逃さないことがポイントですよ〜!

時系列のノートがいいですよね。
時間ごとに予定が書き込めるタイプの
スケジュール帳などを利用すると解りやすいですよ。(^^)

これは何のためにするのかと言うと、
食物アレルギーのアレルゲンを突き止めるためには、
何を食べたのか、食べ物の記録をつけておく必要があるからです。

どのタイミングで何を食べ、どのタイミングで異常が出たのか、
この関係をより詳しく見ることは、
何がアレルゲンになっているのか見極める上で、
何より役立つ手がかりになります。

この記録を見て、異常の関係が薄そうであれば、
その他、薬品や化学物質アレルギーを疑うこともできます。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008