薬の種類と用法を正しく知ろう

アトピー性皮膚炎とと言えば、ステロイド…。
そして、ステロイドは、怖いもの。

こんなイメージばかりが定着してはいないでしょうか?

アレルギーの薬には、アレルギー反応を抑える薬と、
既に出ているアレルギー症状を抑える薬とがあります。

アレルギー反応を抑制する薬は「抗アレルギー剤」、
既に出ている症状を抑えるために使うものが
「抗ヒスタミン剤」「ステロイド」などの薬です。

どの薬が何の目的のために使われるのかは、
薬を使って治療をしていく上で、とても大切なことです。

特にステロイドなどの薬に怖さを持っているのならば
医師にきちんと告げて、十分な説明を受けた上で
納得してから、正しい使い方をするようにしてくださいね。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008