ステロイド剤の強さと使い方

ステロイド剤、副腎皮質ホルモンとも呼ばれます。
アトピー性皮膚炎などの治療薬として有名ですよね。

ステロイド剤には、強さの段階があり、
使ってよい年齢や部位が決まっています。

即効性があり、よく効くのですが、その分副作用が強く、
全身に色々な症状が現れるのも特徴です。
魔法のような、麻薬のようなという例えられ方もあるほどです。

ですから、医師の指示を守り、正しく使うことが大前提です。
急に使うのを止めると、リバウンドを起こして、
より悪化することもあります。
だからと言って、副作用が怖いからと、
炎症がひどい状態なのに使わないでいるぐらいなら
上手に使って、炎症を抑えるほうが、
肌にも、その人の心にも良いことには間違いありません。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008