皮膚検査とは?

アレルギー検査のうち、一番費用がかからず、
スグに結果を見ることができるのが、皮膚検査です。

皮膚検査では、細かな数値データを得ることは出来ませんが
皮膚上の実際の変化を見ることで、
アレルギー反応の有無を調べることができます。

【スクラッチテスト、プリックテスト】
原因と思われるアレルゲンエキスを、実際に皮膚に垂らします。
痛みがない程度に皮膚に傷をつけて、15分程度置きます。
その皮膚の上で、アレルギー反応が起こるかどうかを確かめます。

【皮内テスト】
アレルゲンエキスを皮膚内に微量注射して、
15分後の反応を調べます。

【パッチテスト】
アレルゲンを肌に貼り付け、24〜72時間後に反応を見ます。
金属アレルギーなどの接触性のアレルギーや、
遅延型のアレルギーを調べる方法です。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008