アレルゲンを自己判断しない

除去食は、世話をする立場の人、もしくは自分自身で、
勝手に行っていいものではありません。

自分で適当に見当をつけたアレルゲンが、
全くの見当違いであることは、よくあることなのです。

「粉ミルクを与えたら、皮膚に湿疹が出たの。」

粉ミルクはダメで、母乳じゃないといけないんだ…!!
いえいえ、粉ミルクは、要因のひとつであると考えられますが、
牛乳だけではなく、花粉や、ハウスダスト類も原因かもしれませんよ。
もしこのケースの場合、アレルゲンが牛乳なら、
お母さんが、乳製品を食べていてもアレルギーが出るはずです。

これは、素人だからそうなるのではなく、
アレルゲンは検査によって示されるデータを見ない限り、
特定することが出来ないからです。
様々な要因が加わって、アレルゲンになっている可能性が
非常に高いため、検査ナシで特定することは止めるべきです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008