除去食を解除するタイミング

除去食を始めれば、いつか解除する日が来ます。

アレルゲンを摂らないことで、
アレルギー反応を起こしていた腸管が正常に働くようになり、
暴れていたマスト細胞が落ち着きます。
取らない間に、腸管も発達して上手に分解できるようになります。

その結果、アレルギー症状が改善され、食べられる…!(^^)

その道のりは長く険しくても、
体の成長と共に、少しづつ進歩してきた証拠です。

嬉しいで時ですよね〜!(^^)

除去食を解除するタイミングなのですが、
誘発テストを行って上で、
症状を見ながら医師と相談して進めます。
スグに、自由に食べられるわけではないのですよ。
誘発テストは、基本的に病院で行われます。
万一、ショックを起こす危険性を考えなくてはなりません。
方法は、ほんの1g程度から初めて、
約15分間隔で症状を見ながら、量を増やしていきます。

このように、安全に食べられる量を見極めることが、
除去食解除のスタート地点、第一歩なのです。

こちらでは青汁のブログを書いています。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008