母体からアレルゲンが伝わる

アレルギー体質は遺伝もしやすいのですが、
アレルギーを持っていなくても、子供がアレルギー体質で
生まれてくることはモチロンあります。

それは、妊娠中に、胎盤を介して
アレルゲンになりやすい物質が母体から赤ちゃんへ
運ばれることが原因とされています。
これを「胎盤での感作」と呼びます。

胎盤での感作をおこさないためには、
高たんぱくの偏った食生活を送らないことが大切です。
モチロン、アルコールの取りすぎや、辛いもの、
刺激的なものを好んで食べるのも良いことではありません。
これも、アレルゲンを作りやすい行為です。

特に、食欲が増す中期〜後期は要注意ですよ〜!

栄養面に十分に気を配り、赤ちゃんも食べているということを
忘れないようにしてくださいね。
健康的に過ごすことを第一に考えましょう。

エステの情報

肌が綺麗になったのでミスパリに行こうかと思っています。スリムビューティハウスの骨盤ダイエットに行くほうがいいかな?と思っていますが悩みますね。オトコのヒトならダンディハウスを選べばいいだけなのに・・・

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008